前へ
次へ

転職時に企画営業の求人を確認することを忘れずに

企画営業は、企画と営業2つを行います。企画と営業を別にすると、担当する人が異なってくるので、お客様の意思は希望にズレが生じてしまうことも少なくありません。一緒にしてしまえば、ズレが無くなります。完成度が高くなるので、お客様はメリットが出てくるのです。また、一人で担当すると、連絡する必要もないので話がスムーズに流れるので、それもお客様の立場ではとってもいいこと。企画営業は提供するビジネスマンが優秀であれば、お客様にとってメリットが一杯でとっても感謝されます。「あなたのお陰で自社の売上が前年比120%になった」「貴社に助けてもらったので自社のお客様に大変喜んでもらえた」など、うれしいお言葉をもらえることも少なくありません。正直に言って、企画営業の仕事はとってもやりがいがあるお仕事。だからこそ、転職時に企画営業の求人をチェックして欲しいです。国内には数多くの求人がありますが、こんなにやりがいがあるお仕事はそんなに多くないはず。企画営業の求人数は、少なくなく全国各地にあるのが現状です。それだけ企画営業が必要とされていることを意味します。求人を探すのは早い方がいいでしょう。それは、雇用条件がいい会社ほど空きが少なく、求人がいつでるか分からないからです。希望する会社の求人と出会えるように、転職サイトや求人誌などをこまめにチェックしましょう。

Page Top